2008-06-30

”敬天愛人” 初夏の東寺ー五重塔と庭園。その2。

身は高野

心は東寺に

おさめをく

真言宗の開祖 空海(弘法大師)

…  …  …

金堂の右手45度の方向に、五重塔が建立されている。

先ずは玉砂利を入れて撮影。

新緑と青空の構図が素晴らしいかなぁ~~~

五重塔2

更に寄って見る。

五重塔3

真下から構造物を見ると圧倒される!!!

壮大な骨組み(逆光でストロボ焚いたが………)

骨組み1

最下層の骨組みー500年経過しているが

余り老朽化は感じられない、驚くしか術は無い。

骨組み2

五重塔を背にすると、見事な庭園が展開。

左から金堂・講堂・食堂が、一直線に並んでいる。

庭園

そして右手には足利尊氏が寄進した東大門。

木々の向うに、ひっそりと建っている。

不開門と云うから、多分~開かれた事は無いのだろうか?

東大門

そして出口側から、御代桜を左に五重塔。

五重塔4

最後に蓮池を入れてお別れ。

五重塔5

途中でスーツを脱いだが、それでも汗が出る。

幾度と無く雷・火災・兵火等で焼失したがその度に復興。

弘法さんと親しまれる庶民大衆の信仰には

何か掛けがえの無い魅力が有るのだろうか?

そんな想いを抱きながら東寺を後にした。

新幹線からは久し振りに、伊吹山がくっきりと見えた。

伊吹山

京都から名古山では40分掛からない。

缶ビールを飲んで暫くすると~もう下車の時間も近い。

theme : 史跡・神社・仏閣
genre : 写真

2008-06-29

”敬天愛人” 京都 初夏の東寺散策。その1。

時間をみては、京都で途中下車している。

銀閣寺、京都御所・相国寺、仁和寺に続き

今回は東寺に寄る事にした。

幸いに天候は晴れ……ラッキーと云うところか。

東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある、弘法大師空海ゆかりの寺で、東寺真言宗の総本山である。山号は八幡山、本尊は薬師如来である。

東寺は弘法大師空海に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。平成6年(1994年)12月には、「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録された。(ウイキペディアより転載)

☆  ☆  ☆

近鉄奈良線で、京都駅からは2分と掛からない。

東寺駅で下車。歩くと汗が滲んでくる。

先ずは、南大門(重文)側から入る事にした。

南大門1

奥には金堂が見える。

南大門2

観光には季節外れ……観光客は少ない。

南大門を潜ると右手には五重塔。

国宝で徳川家光が寄進。

国内の木造古塔としては55m、最高の高さを誇る。

五重塔1

暫く歩くと弁天堂が在る。

弁天堂

内部は撮影禁止。外からバシャ~~~

弁才天

そして東寺に入場。拝観料は500円也。

少し歩けば講堂(重文)

講堂

500年余の風雪に耐えた、重厚な骨組み。

講堂の骨組み

隣には豊臣秀頼寄進の、国宝の金堂。

金堂

内部には重文の薬師三尊(薬師如来・日光菩薩・月光菩薩)と

十二神将(台座の下部)が祭られている。

薬師三尊

金堂を出ると、右手には五重塔が見える。

(続く)

theme : 史跡・神社・仏閣
genre : 写真

2008-06-28

”敬天愛人” 大阪出張あれこれ~~~

近鉄名古屋駅発10:00。

大阪の鶴橋駅着11:56。

目出度い名前の駅?

降りて昼食だが、駅を降りると韓国人(朝鮮人)街。

肉料理店が圧倒的に多い。

それとは別に色んな店が並んでいる。

狭い路地ー2~3m程だろうか?

ここは衣料品が多い。

韓国人街

所要を終え、桃谷駅から大阪環状線で大阪駅に向かう。

今夜は通称、丸ビルの第一ホテル宿泊。

建物が丸い為、そのように云われているらしい。

ホテルの通路。

ホテル通路

今晩は顧客が、ディナーをセッチング。

待ち合わせ場所の、阪急梅田駅。

18:50頃の駅

阪急梅田駅

呑み放題の宴が終わったのが22;00前。

ホテルへ向かうが、大阪駅前の夜景が綺麗だ。

横断歩橋からの夜景。東北(京都)方面。

東北方面

大阪駅方面。中央の丸いビルが泊まるホテル。

大阪駅方面1

大坂駅方面2

大阪駅

大阪駅

阪神ビル(阪神梅田駅)

阪神ビル

ホテルのガーデン。未だ多くの人で賑っている。

ホテルのガーデン

ホテルへ着いたが同行している事務局が

馴染みの店に行こうと云う。

異議なし………

歩いて5分くらいかな?

何か面白いママが居るらしい~~~

大輝と云う店に着く。

宴会が終わった後で、客は3人の我々だけ。

気さくで面白いママとマスターの歌声が

店を占領する。

大輝のママ

その内に馴染の女性が現れ

語らいやダンスをして、楽しい一時を満喫。

ホテルへ着いたのは日が変わった0:30。



theme : 街の風景
genre : 写真

2008-06-26

”敬天愛人” 咲き始めたエンジェルトランペットと斑入りギボーシの花。

エンジェル トランペットの

花が咲き出した!!!

2~3年前に

2本植えていたが

絶えてしまった。

今年、新たに

2本植えた。

その内の

1本が開花した。

エンジェルトランペット1

花径ー18Cm、花房から先端まで30Cm。

大きな花だ。

鼻を近づけると、素敵な香りが~~~

心を和まして呉れる ♪ ♪ ♪

拡大してみる。

エンジェルトランペット2

更に拡大。鮮やかな色彩が素晴らしい!!!

アガパンサス3

隣には蕾が沢山付いている。

エンジェルトランペットの蕾

これから9~10月位まで咲き続けるだろうか?

もう1本は、どんな色か楽しみだ。。。

別の斑入りギボーシも咲き出した。

斑入りギボーシ

同じく拡大すると

ギボーシ拡大

淡白で爽やかな花弁が浮き上がる~~~

☆☆☆

梅雨空に~又、戻った。

今日~明日と、大阪出張。

雨が降らない事を願うが

どうなることやら???

theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-25

”敬天愛人”モード学園”名古屋スパイラルタワーズ”の1周画像。

時間の

経過と共に

青空が

西から

東へと

拡がって

梅雨が

何処かに

行ったみたいな

一日だった。

…  …  …

折角のチャンス!

近くのスパイラルタワーズへ行く事にした。

北側から全貌を眺める。

スパイラル1

少し廻り込み東側から

スパイラル2

上を見上げる~~~

スパイラル3

南東側から

スパイラル4

南側から…ネオンが点灯している。

スパイラル5

少し右にはモードホールの文字。

スパイラル6

ぐるり…1周すると、色んな表情を見せて呉れる。

そして~西の名古屋駅方面も綺麗に見渡せる。

名古屋駅方面

久し振りの快晴。

何か儲かったような気分に浸り

帰路に着く。

theme : 街の風景
genre : 写真

2008-06-24

”敬天愛人” 梅雨空に咲く花は、ばらばら~~

梅雨に合う花の筆頭は、紫陽花だろう。

日本原産の紫陽花が、ヨーロッパに持ち出され……

品種改良が進み、華やかな紫陽花へと変身していった。

………らしい?

紫陽花の漢字を分解すると

紫:色……当たり前

陽は

阝:昇降する階段(梯子)の意味

日:太陽

勿:色や形が変わる事

花;草が化ける???

そんな風に考えると面白いかなぁ………

★日にちが経過する度に、色が変化していく花★

それが紫陽花と云える。

庭には原種に近い、みすぼらしい紫陽花が植わっている。

紫陽花

白い日本桔梗も咲き出した。

桔梗

紅葉の合間からは雑草の花。

可憐な花

そしてこれからが収穫期の、李も熟れ始めた。

李

西空は雲の切れ間から青空が覗く。

天気は、どうなるのだろうか~~~

theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-23

”敬天愛人” 雨にむせぶグラジオラスの花と雫。

まぁ~~~よく降りますねぇ……

お陰様で、しっかりと休養できました。

雨の合間に、グラジオラスの花を撮ってみる。

ピンク色の可愛い花だ。

松の木の、枝の間から顔を出している。

グラジオラス1

松葉の新芽摘みも、もう~やらないといけないなぁ。

今度の土日がタイミング、雨が降らないで欲しい。。。

花弁には透き通る、雫が下がる。

グラジオラス2

晴れていれば、もっと~もっと素敵な雫だろうが?

贅沢は云えないなぁ~

松の幹を背景にすると、少しは趣が変わる。

グラジオラス3

暇のついでに、別の写真を撮る。

何だと思います???

判りましたねぇ~~~

蜘蛛の巣

蜘蛛の巣の水滴でした。

こんな事をして遊ぶ?

雨も又、楽しからずや!!!

theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-22

”敬天愛人” 梅雨空に咲く小さな花の妖精達。

ちぎっては投げ~ちぎっては投げ~~~

じゃぁ~~無かった。。。

降っては~止み、降っては~止みの繰り返し。

梅雨本番と云うところかな………

恵みの雨~~しっかりと降って欲しいなぁ~~~

数がめっきり少なくなった庭。

でも………未だ控え打者が居た。

アガパンサスが

梅雨に打たれ乍ら負けずに

濡れて咲いている。

下から

アガパンサス1

正面から

アガパンサス2

横から

アガパンサス3

和名を紫君子蘭と云うらしいが

放射状に咲く花は

何となく可愛いぃ~

そして、雫が垂れ下がる花弁には

何となく、哀愁を漂わせる。

今、雨は止み~鳥のさえずりだけが支配する。

そんな朝である。

theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-21

”敬天愛人” 地下鉄名古屋駅のコマーシャル大看板。

昨晩は雷攻め!!!

22:00前から雷鳴が轟き~~~

稲妻が空中を走る。

………

でも~何時しか眠ってしまっていた。

夕方からは雨の予報?

早めに帰る事にする。

地下鉄名古屋駅の階段を降りると

違った光景。

新たな広告に変身~~~

度派手で人目を寄せ付ける大看板。

広告

夜が明け、今は雨も止んで

静かな朝

鳥のさえずりが

聞えて来る~~~


theme : いろんな写真
genre : 写真

2008-06-20

”敬天愛人” 淋しくなった庭ーその中で咲き出す花達。

めっきり少なくなった庭の花。

その中で咲く花は、貴重な存在。

今年もギボーシや百合の花が咲き出した。

梅雨の晴れ間……その姿を追ってみた。

…  …  …

ギボーシの品種は5種類程だろうか?

2品種が咲いている。

斑入りギボーシ

斑入りギボーシ

普通のギボーシ

普通のギボーシ

葉に斑が無い分、花には模様が有り

此方の方が可愛いらしい。

ギボーシの花

下の方には別の花が群生し、永く咲いている。

紫の花

白百合も咲き出した。

白百合

最後は花数が減ったゼラニューム

ゼラミューム

今日から1週間位は、ぐづついた空模様らしい~

夜に降り続いた雨は、今は止み

木々の木の葉には、雫が垂れ下がっている。


theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-19

”敬天愛人” 香川県宇多津町の風景。

ホテルの朝食は7:00。

それまでは目と鼻の先の宇多津駅を、ぶらぶら~

晴れ間は覗くが、蒸し暑くは無い。

先ずは新幹線みたいな?立派な宇多津駅。

JR四国宇多津駅

駅前の観光マップ。

海岸まで歩いて15分位。色んな観光施設が在る様だ。

観光マップ

駅ロータリー前の分光器とゴールドタワー。

分光器とゴールドタワー

ホテル11Fからの市街。

ホテルからの市街

遠くに瀬戸大橋が霞む。

駅からの眺め

7:40 ロビーに集合。

特急に乗るが通勤時間帯の為、座れず。。。

17分~立ちんぼで高松駅着。

帰りの新幹線は700系。

冷房が効き過ぎて寒い位。

吹き出し口の調整でやれ~やれ~~~

今週の出張の巻でした。

theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

2008-06-18

”敬天愛人” 四国・香川県宇多津町の海と瀬戸大橋。

昨晩は疲れて21:00前にバタンキュー。

久し振りにブログの更新は休み………

今回のホテルは宇多津(うたづ)町のSルート瀬戸大橋。

JR宇多津駅は、四国の玄関口の一つ。

瀬戸大橋を渡り切った所の駅。

もう~一つは坂出駅が在る。

宇多津は、高知や愛媛県に行く為には必ず通過する。

仕事が終り、ホテルまで送って貰う。

今晩は顧客が懇親会をセットしてある。

18:00にロビーに集合し迎えを待つ。

開始時間には少し早い為、瀬戸大橋が見える

臨海公園へ連れて行って呉れた。

瀬戸大橋は巨大な構造物。

”世界3大馬鹿の一つ”と哄笑されている。

ピラミッド、万里の長城、そして瀬戸大橋。

その瀬戸大橋を下から眺める~~~

瀬戸大橋

吊橋を保持する橋脚のデカサには驚くしかない。

夕陽には少し時間が早いが

穏やかな波間に、白く太陽が映る。

瀬戸内

実は瀬戸大橋へ行く前に近くを散歩した。

宇多津町のマンホール

町名の”ウ”をあしらったのだろうか?

宇多津町のマンホール

公園のゴールドタワー

ゴールドタワー

懇親会は飲み放題~~~

和やかに歓談し乍ら

22:30位まで延長~延長~~延長~~~

ホテルまで送って貰い、一日が終わる。



theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

2008-06-16

”敬天愛人” 掛川花鳥園の花や鳥達。

時間的には、未だ余裕が有る。

帰り道に極楽寺の紫陽花祭の立て看板。

どう~する………と、尋ねると

紫陽花は何処でも見られるから

掛川花鳥園へ行こう~と返事あり。

15分程走っただろうか?

東名高速道路を越えた町外れに

花鳥園が在った。

此処は、加茂花菖蒲園が経営している

グループ会社で富士のベゴニア館や

神戸花鳥園等も同じだ。

<ユウラシアワシオオミミズク>

ユーラシアワシオオミミズク

いでたちが派手~豪華な羽の雉

派手な鳥

5m位?大きなエンジェルトランペット

庭のエンジェルトランペットは絶えた。

2本買って植えたが、咲いてくれるかな?

エンジェルトランペット

鳥の一斉飛行

鳥の飛行

中は温室、汗が滲んでくる。

世界各地の睡蓮が水槽で栽培。

色目の物を2点アップ。

睡蓮1

睡蓮2

4月~5月には鳥の雛も誕生。

大蓮の上で遊ぶレンカクの雛。

レンカク

水辺で時を過ごす鳥達

水辺の鳥達

此処も天井からベゴニアが飾って有るが割愛。

1周すると、丁度~良い時間。

帰宅したのは18:00頃だった。

………

16~17日は香川県へ出張。

雨は多分…大丈夫だろう。。。

theme : 癒される写真
genre : 写真

2008-06-15

”敬天愛人” 掛川市加茂花菖蒲園の、それは豪華なベゴニア館。

加茂花菖蒲園入り口の左側に

ベゴニア館が在る。

普通のベゴニアは栽培が簡単だが

ここは木立ベゴニアや

蔓性のベゴニアが栽培・展示されている。

中へ踏み入れると、豪華絢爛な別世界。

ベゴニア1

お伽の国みたい!!!

ベゴニア2

大きさは25~30Cm程かな?

ベゴニア3

鉢植えのベゴニア

ベゴニア4

大輪のカラフルなベゴニア

ベゴニア6

ベゴニア7

ベゴニア8

ベゴニア9

ベゴニア10

鉢植えのベゴニア

ベゴニア11

天井から下がるベゴニアの寄せ植え

ベゴニア12

木立ベゴニアは残念乍ら、香りがしない。

又、温湿度管理が難しく、一般家庭では栽培出来ない。

以前に植えた事が有るが駄目だった。

ベゴニア館も終り。

最後に花菖蒲園を、もう~一度眺め帰路に着く。

花菖蒲園

菖蒲園の淵には江戸時代に建てられた

立派な庄屋屋敷が、その威容を誇っている。



theme : 花の写真
genre : 写真

2008-06-14

”敬天愛人”掛川市、加茂花菖蒲園の睡蓮達。

花菖蒲園に入ると

直ぐに

浅い池が広がり

そこには

睡蓮達が

控えめに

咲いている。

和名では

羊草と

云うらしい。。。

花言葉は

♭  ♭  ♭  ♭  ♭

純潔

純潔

清浄

睡蓮1

純粋な心

睡蓮2

甘美

睡蓮3

信仰

睡蓮4

信頼

睡蓮5

優しさ

睡蓮6

と…………………

云うらしい~~~~~


theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-13

”敬天愛人” それは~それは、見事な花菖蒲でした。掛川市の加茂花菖蒲園、その2。

大勢の人が、花菖蒲のしなやかな舞を楽しみ

何時しか優雅な趣の中に吸い込まれていく。

あやめや花菖蒲等は、江戸時代に多くの

品種改良が行われ、今の姿となったらしい………

相変わらず曇り空だが

歩いていると汗がじわ~~と噴出す。

広い園内を見渡すと~~~

多彩な色合いが展開する。

花菖蒲畑の渡り木からの景観。

花菖蒲15

花菖蒲16

続いて品評会?の雰囲気を~~~

花菖蒲17

花菖蒲18

花菖蒲19

半菖蒲20

花菖蒲21

花菖蒲22

花菖蒲23

花菖蒲24

♭ ♭ ♭ ♭ ♭

広い~~~園内の、花菖蒲のワルツは終わった。

………

何かしら、心が清められた気がしないでもない。

そんな感じの7年振りの、花菖蒲達との再会だった。。。

そして睡蓮が浮かぶ池の前に立つ。

(明日へ続く)

theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-12

”敬天愛人”花菖蒲と云えば~~掛川市の加茂花菖蒲園、その1。

可睡ゆりの園を出て次の目的地、加茂花菖蒲園へ向かう。

ゆりの花と花菖蒲は、セットみたいなものだ。

約12km、20分の所に加茂花菖蒲園が在る。

森の石松の出身地、森町を経由。

第2東名高速道路の建設が進んでいる。

12:30頃到着。どんな花菖蒲か楽しみだ。

チケットを買って入門。先ずは花より団子。庄屋弁当を注文。

………

花菖蒲ショーの開演。じっくりと観る事にした。

花菖蒲1

加茂花菖蒲園は、戦前まで50町歩を有した豪農で

代々庄屋を務めた家柄だったが、戦後の農地解放で

殆んどを没収され、僅かに残った土地をS33年に整備して

現在の花菖蒲園が誕生したらしい。

花菖蒲2

可憐で清楚な花、堪らない位~綺麗!!!

花菖蒲3

こちらは妖艶?

花菖蒲4

何しろ他の菖蒲園とは規模が違う。

説明は野暮と云うものだろ???

花菖蒲5

では、どうぞ~~~

花菖蒲6

花菖蒲7

花菖蒲8

花菖蒲9

花菖蒲10

ここからCanon Eos Kiis

花菖蒲11

花菖蒲12

花菖蒲13

花菖蒲14

キャノンは使い勝手が今一ーマスターしないと?

何はともあれ、感動~~~園内廻りは続く。

(残りは明日へ…)

theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-11

”敬天愛人”世界150余品種百合の花競演、可睡ゆりの園、その2。

園道を続けて歩くが

曇り空で、さほど暑くは感じない。

感動の溜息を漏らし乍ら、百合の舞を堪能。

このような百合園が全国に

上は栃木県から、下は岐阜県まで11箇所在るらしい。

他は寡聞にして知らないが

可睡ゆり園は、屈指の規模には間違いないだろう………

前置きはこの位にして~~~

山肌には百合の群植が続く。

白色の百合

色物も良いが、矢張り”白百合”には敵わないかな~

白拡大

斜面には更に、黄色と白の群植が続く。

黄色の群植

違う角度からの白と黄百合

白百合

黄百合

紅系の植栽

混植6

拡大すると~~~

紅系の百合

又、黄色の百合のお出ましだ。

黄色の百合

黄色の百合も最高!!!

黄色の百合

本当に素晴らしいねぇ~~~と、語りながら歩く。

すると………

目前には今迄とは異なった、新たな百合の世界。

百合の世界1

ラベンダー畑を模したのだろうか?

同色の百合の花が、ベルト状で数百m伸びている。

百合の世界2

少し角度を変える。

百合の世界3

何と云う言葉が適切だろうか???

素晴らしい~素晴らしい~~素晴らしい~~~

………

これで園内を一巡した事になる。

清楚で華麗、花の女王……百合の花。。。

素敵な時を有り難う~~~

最後に一番気に入った、私のベストショットで締めとする。

最高の写真

☆ ☆ ☆ ☆ ☆



theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-10

”敬天愛人”世界150余品種の百合の競演、可睡ゆりの園。その1。

前日の取り決めは、雨だったら中止。

ぱらついていた雨は、朝方には止んだ。

目的地は静岡県袋井市の”可睡ゆりの園”

距離は約105Km。10:30前に到着。

既に多くの観光客が訪れていた。

百合は、今が最盛期とPRされている。

入場券を買って園内に入る。

どんな光景が待ち受けているか、楽しみだ。

♭~♭~♭~♭~♭

案内標識に従い園道を進む。

寄せ植えの百合の花が迎える。

寄せ植えの百合

可睡ゆり園は7年振りだろうか?

今回で3度目と成る。

3万坪の広大な敷地に、150余種のゆりが植えられている。

少し歩くと、斜面に黄色の百合の花。

それは素晴らしい別の世界が現れる。

あちこちで歓声が上がる。

黄色の群植

<黄色の百合>

黄色の百合

更に進む。山の斜面にゆりの園が広がる。

百合の群植2

拡大

群植3

<黄色と白の混植>

黄色と白

拡大

黄色と白

説明は割愛。観て頂こう。

混植4

混植5

拡大

更に拡大する

拡大2

<白と色物の群植>

白と色物

雨上がりの為、曇り空。

写真写りは、今一の感がしないでもない???

(明日へ続く)


theme : 季節の花たち
genre : 写真

2008-06-09

”敬天愛人” 黄色の薔薇と小さな折鶴蘭の花。

雨が降っている

ぽた~ぽた~と

地面から

雨音が…

小刻みに聞える

その中に

鳥のさえずりが

流れる~~~

雨が強くなり

ざ~ざぁ~~と

一段と

五月蝿く

庭に降り注ぐ。

これが外の状況だ。

今日は花づくし ♪ ♪ ♪

黄色の薔薇の花の寄せ植え。

<ハニープーケ>

ハニープーケ

<サプライズ>

サプライズ

<ラディアント パピューム>

ラディアント パピューム

<伊豆の踊り子>

伊豆の踊り子

薔薇の盛りは過ぎた様で、綺麗な花は少ない。

今回は視点を変えて、黄色一色にしてみた。

………

家のプランターでは折鶴蘭の新芽(蔓)が伸びている。

その先端部には、小さな花が付いていた。

折鶴蘭

10mm位の可憐な小さな花ーでも堂々としている。

先程からの雨は強く~又、弱くの繰り返し………

今日はどんな一日になるのかな???

theme : 花の写真
genre : 写真

2008-06-08

”敬天愛人” 豊田市西山公園の花菖蒲。

地元の花菖蒲はどうだろうか?

近くの西山公園に行って見た。

土曜日だが、人は少ない………

と云う事は魅力が無い???

目的は花菖蒲園。

園内奥まで歩く。

花菖蒲畑に着くが、花は少ない…がっかり。。。

気を取り直し、咲いている花を撮る。

代表的な花菖蒲から始めよう ♪ ♪ ♪ ~

花菖蒲1

花菖蒲2

花菖蒲3

少しは纏まって咲いている。

花菖蒲4

花菖蒲5

花菖蒲6

花菖蒲7

花菖蒲8

花菖蒲9

花数は少なかったが

一枚ずつアップすれば

何とか

格好が付いたかなぁ ?~?

(失敗談)

PCに取り込んでみると、一部右の方が白い~~~

近接撮影時、接触した為だろう………

レンズクリーナーで汚れを取る。

一つ~利口になった???

theme : 花の写真
genre : 写真

2008-06-07

”敬天愛人” 朝日とくちなしの花。

梅雨入り宣言後、晴れた日が続く。

昨日は夕陽を撮りに行ったが、雲が無く帰って来た。

今朝は快晴の予報だったので4時起き。

誰も居ない定点の平芝公園。

体操をしながら、待つ事………20分。

漸く~顔を出した。。。

朝日

日の出の位置は、大きく左に寄っている。

帰りに、甘酸っぱい香りが漂う、満開のくちなしの花を撮る。

くちなしの花

くちなしの  白い花

お前のような  花だった~

の、曲が聞えそうだ………。

通勤帰りの地下鉄名古屋駅。

大PR看板。一際~目を引く。

大看板

躍動感溢れるPRだが、性能は如何に???

静かな朝。鳥のさえずりが遠くから聞えてくる~~~。



theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-06-06

”敬天愛人” 名古屋市鶴舞公園の薔薇園と乙女のブロンズ像。

花菖蒲園を後にして橋を渡ると

日本式庭園が在り

池の中に

築山が

浮んでいる。

庭園

少し歩くと左手に、今が盛りの薔薇園が在る。

薔薇園

その薔薇の花園には

可憐な乙女像が

彩を付けている。

乙女像

公園を駅に向かう途中に

一際高く、ブロンズ像が建立されていた。

<踊り子像>

踊り子像

本当は左右一対だろうが

光線が強い為、諦めた。

花菖蒲、薔薇、ブロンズ像を

堪能し帰途に付く。


theme : 癒される写真
genre : 写真

2008-06-05

”敬天愛人” 名古屋市鶴舞公園の花菖蒲祭。

中日新聞の一面に、鶴舞(つるま)公園の花菖蒲が

見頃だと、写真入で報道されていたので帰りに寄った。

90種、2万株が栽培されているらしい。

地下鉄鶴舞駅で降りて、公園奥の薔薇園を横目に

池の橋を渡った所に花菖蒲園が在った。

平日だが、まぁ~まぁ~の見物者かな?

<咲き競う花菖蒲園>

花菖蒲園

アヤメやカキツバタよりも咲き振りの華麗な

花菖蒲の舞を展開しよう。説明は割愛。

花菖蒲1

花菖蒲2

花菖蒲3

花菖蒲4

花菖蒲5

花菖蒲6

花菖蒲7

花菖蒲8

花菖蒲9

<艶紫>

艶紫

<木洩れ日に輝く黄菖蒲>黄菖蒲

此処は、単色系が多いかな~~

そんな感じの菖蒲園だった。

でも………一斉に咲いている姿は、見事なものだ。

theme : 花の写真
genre : 写真

2008-06-04

”敬天愛人” 雨にむせぶ孔雀サボテンと光芒放つ夕陽のショー。

赤く膨らんだ蕾だったが、強い雨が降りしきる中

健気にも咲いている。

可哀相なのでなので、テラスの下へ移動してやる。

………

一輪だけだが、今年も咲いて呉れた。

林 芙美子の放浪記ではないが

花の命は短くて、苦しみのみの多かりき~~~

と、2~3日で寿命は尽きてしまう。

ただ哀れと云う他は無し………蓮如の御文の一節。

<豪華な孔雀サボテンの花>

孔雀サボテン1

雨に打たれて、雫をまとっている。

孔雀サボテンの雫

梅雨入り宣言すると、直ぐに晴れる。

このジンクス通りに、午後からは雨も止み晴れ間が拡がる。

夕方………帰りの電車から西空に切れ間が見える。

自宅の前を素通りし、定点へ走る。

少し早いかな~~~と、田植えが終わった水田を見て歩く。

凪いだ水面が、鏡のように綺麗。

18:34。夕日をバックにシャッターを切る。

☆~☆~☆~☆~☆

生まれて初めて見るシーンが、其処に有った。

感動!感動!感動!の世界。

夕日1

サイズダウンしない画像はもっと綺麗だが~~~

2分後~夕日が炸裂、水面が燃える。

夕日2

光芒が水面に突き刺さる。

夕日3

縦一文字の太陽光。

夕日4

そして………鮮烈な夕陽のショーは終焉を迎える。

夕日5

夕陽(夕焼け)~それは自然がもたらす

最高の贈り物ではないだろうか~~~

6月ー晴れた日は多くは望めないだろう………

感動の瞬間(とき)を胸に、帰路に付いた。

theme : 夕焼けの写真
genre : 写真

2008-06-03

”敬天愛人” 手毬&花。

梅雨入り…平年より6日、昨年より12日早いみたい。

昨日午後から降り出した雨は~今も、しと~しと~~と降り続く。

昨日は振休。近くの公園へ行くが定休日。

止むを得ず、ピンチヒッターに登場願う。

<硝子ケースに入った手毬>

手毬17

庭の花は端境期?

我が家の太陽殿が育てし

プランターの花を、一寸~借りてみる。

プランターの花

名前は、何と云うのだろうか~~


theme : 癒される写真
genre : 写真

2008-06-02

”敬天愛人” にっぽんの空から消えた鶴丸マーク。

大袈裟かも知れないが、滔々この日がやって来た。

2008.5.31。日本航空の機体尾翼に描かれた

鶴丸マークが、最後のフライトを迎えた。

搭乗希望や空港には、多数の航空ファンが押しかけたらしい~~~

下の写真は、昨年9/25に中部国際空港で撮影。

この日を予期して撮った貴重な写真???かな。

鶴丸マーク

JALと云えば鶴マーク。そのイメージが残るのは年配の人だろう?

時代の流れとは云え、消えていく……一抹の淋しさが漂う。

土曜日は研修だったので、日曜日に甥の喫茶店の写真交換。

下手な写真………の、2週間毎の押し掛け展示。

安芸の宮島、厳島神社三景を掲示する事にした。

40×950Cmの、神社全景の写真。

厳島神社の写真

壁にスコッチテープで何とか留めた。

どんな~反響が有るか、楽しみと云うところかなぁ~~~


theme : いろんな写真
genre : 写真

2008-06-01

”敬天愛人” 名古屋駅からの夜景。

18:00から始まった最後の懇親会は20:00に

色々な思いの中で終り、夫々~夜の街へ散って行った。

ある者はカラオケ、又パチンコやスナックへと………

~・~・~・~

今晩は名古屋駅からの夜景を撮る事にした。

歩いて数分~~JRバスの発着場階段からの夜景。

左からミッドランドスクエア、スパイラルタワー、名鉄デパート。

夜景1

場所を変え、駅前(桜通り)の夜景。

夜景2

最後はスパイラルタワー。

夜景3

20:30近くになると、駅のガーデン広場は人が少ない。

その中で、何を語らっているのだろうか???

肩を寄せ合っているカップルの姿が微笑ましい 

時間は早いが、今晩は早めにホテルへ帰る。

 

theme : 街の風景
genre : 写真

プロフィール

Author:遊
ようこそ!
写真主体で、豊田市・近郊の風景や花等を撮影し
気侭な生活を楽しんでおります。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター