2008-09-30

”敬天愛人” 矢作ダムと矢作川の風景。

昨日からの

雨は降り続いていて

丸二日以上、降った事になり

今日も夕方まで降る予想だ。

気温も低く、28年振りの低温で

17℃迄しか上昇せず

11月中旬並だった。

………

久し振りに、豊田市の市街地中央を流れる矢作川上流の

矢作ダムへ行く事にした。

時間にして1時間位走るとダムが在る。

(クリックすると拡大)

矢作ダム      ダム堰堤 

岐阜県側から撮影。向こう側は愛知県。

下流から見た全景。

ダム高100m 堰堤長323mの中規模かな?

ダム全景 

人影はまばら、然し紅葉シーズンは混むに違いない。

暫く下流へ走ると渓谷&鮎釣りが見られる。

渓谷     太公望

今は既に落ち鮎だろうか?多くの太公望が見られた。

………

<季節の庭の生け花>

庭の生け花 

丁度~今が盛りの花が、揃い踏みで心和まして呉れる。

 

theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

2008-09-29

”敬天愛人” 水面に映える曼珠沙華。

夜半から降り出した雨は

雨音を放ちながら

しと~しと~~と降っている。

予報だと

今日、一日雨らしい。。。

………

昨日、夕方は曼珠沙華コース。

途中で、雨がポツリ~ポツリ~

毎日、咲く量が増えてきた♪♪♪

曼珠沙華1 

少しアップすると………

水面に映える曼珠沙華が、浮かんでいる。

曼珠沙華2 

後、1週間は持たないだろう?

素敵な水玉模様の、雫の舞を演じるだろうが

雨では行くのを、躊躇せざるを得ない。。。

theme : 花の写真
genre : 写真

2008-09-28

”敬天愛人” 穏やかな朝日とトランペットエンジェルの花。

寒い~~~

こんな感じの

朝。

上っ張りを羽織

定点へ向かう。

静かな何時もの

早朝と

変わらない。。。

日の出前~日の出の移り変わり。

(クリックすると拡大)

恵那山              穏やかな山並み

恵那山     日の出前1

東空が黄金色に輝く      そして日の出

日の出前2     日の出

今日の、日の出前後は素晴しい光景かな???

… … …

庭では、2番咲きのトランペットエンジェルが咲き競う。

未だ、夜も明けきらぬ花の表情。

花1     花2

時は流れ、空には秋空が展開する。

9月の空 

寒い~~~そんな感じの1日だった………

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-27

”敬天愛人” 赤で始まり赤で終わった赤色三昧の一日。

朝からの雨は

午前中の

早い段階で

止んだが

不安定な空模様。

その間を縫って

曼珠沙華の

雫を撮る。

<曼珠沙華の雫>

(クリックすると拡大)

舞姫集合      蛸足の雫

夕方の自転車散歩。

逢妻女川河川敷、曼珠沙華の開花の様子を見に行く。

東岸は満開に近いが、西岸はこれからが見頃だが

それにしても壮観と云おうか、その景観には

圧倒されてしまった!!!

<河川敷に咲き競う曼珠沙華>

曼珠沙華1 

散歩する人達が、歓声を上げて通り過ぎて行く。

曼珠沙華2 

現在は60万本、更に上流に向けて300万本迄増やす計画。

維持管理されているボランティアの方々に感謝!!!

………

そして日没。17:40過ぎと早くなった。

日没   

やがて夕空が赤く染まり出した。

燃える夕焼け 

9月に初めてお目に掛かった、赤く燃える夕焼け~~~

然し、感動空間は僅か数分で幕を下ろす。

振り返ると今日は

赤で始まり。赤で終わった一日だった云えよう。

今日は☆☆☆☆☆

 

theme : 癒される写真
genre : 写真

2008-09-26

”敬天愛人” よっこらしょっと~~~

先程は、雨が

ぽつり…ぽつり…と

していたが

今は

秋の虫と

遠くの工場が

稼動している

音が流れて来る。

【虫の写真】

虫 

名前は知らないが簾をゆっくりと移動中。

眺めていていると、心が自然と和む。。。

………

PCも以前とほぼ同じ様に、色んなソフト類も復元させたが

リサイズのフリーソフトは、使っていた物が消えていて

縮小専科をダウンロードせざるを得なかった。

後は又、トラブラないように願うのみだ。

theme : 癒される写真
genre : 写真

2008-09-25

”敬天愛人” 穏やかな日の出と織機の変遷終章。

穏やかで

気分

爽快!

そんな感じの

朝だった。

日の出も

静な佇まい………

空が色に染まらない~これも又、良しかな。

日の出 

帰って来ると、裏の電線には朝日を受けた椋鳥。

椋鳥 

何時もは、留まる位置の関係で黒い椋鳥だが

初めて、本来の姿が撮れた♪~♪

… … …

織機の変遷の画像を取り込み、今回がフィナーレ。

シャトル式の織機では速度に限界。

それに換わる方法が発明された。

エアーと水で、横糸を飛ばす方式だ。

(クリックすると拡大)

エアージェット方式       ウォータージェット方式

エアージェット方式      ウォータージェット方式

毎分1000回以上、横糸を往復されるらしい。。。

目にも止まらない速度で織っていくー見ていて圧巻!!!

模様織りの実演       織られた製品(土産品に転用)

模様織り     商品

僅か100年余りで格段の進歩を遂げた織機。。。

これからどのように進化していくのだろうか。

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-24

”敬天愛人” 久し振りの朝夕日のツーショット。

外からは秋の虫達の

心地良い

音色が♪~♪

流れて来る………

何時まで

続くのだろう。。。

朝日、夕日の写真のツーショットは

久し振りかな?

朝日は撮れても

夕日は制約が有って中々撮れない。

日の出も随分と遅くなり、6時過ぎないと見られなくなった。

日の出 

夕日は逆に早くなり、18時前には沈んでしまう。

夕日 

これからは、神秘的な天空ショーが見られる季節。

楽しみだが、何時頃に現れて来るのだろうか?

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-23

”敬天愛人” 雫が織り成すメルヘンの世界!

雨の後は

楽しい時が

待っている。

それは

雫との

出会いだ。

そして、今回は劇的な

シーンとの遭遇だった。

その素敵な画像から始めよう。

光芒輝く梅もどきの雫 

このような雫とは2度と会えるだろうか???

次も雫達だ。

(クリックすると拡大)

松の葉の雫     輝く梅もどきの雫

梅もどき暗闇の雫     黄色の雫

雫の写真を撮り始めてから1年。

素敵な感動シーンとの出会いは2度目だが

今回は筆頭の部類では無いだろうか。

… … …

今月一杯でシステム担当のKさんが退社。

昨日が挨拶だったが休みの為

ここからお礼を申し上げる。

N美さん、色々とありがとう。

これからもブログを覗いて下さいね。

theme : 癒される写真
genre : 写真

2008-09-22

”敬天愛人” トランペットエンジェルと雫のいでたち。

PCに続いてプリンターが駄目になったので

土曜日に買いに行った。

来月に、新製品の発売が発表されているので

店頭では、格安セールがやられていた。

今回はA3→A4タイプに変更。

通常価格より8000円引き、更に値引き。

結果的に、同じC社製品を購入した。

コピー等が出来る多機能タイプで

今までよりは使い勝手が良さそうな気がする。

インクも6色→4色と削減され進化している。

………

庭はトランペットエンジェルの2番咲きが花盛りだが

日中は花弁を閉じてしまう。

この花は外側の”角”が特徴かな?

(クリックすると拡大)

開いた状態           閉じた状態

角1     角2

そして、午後からは雨が降り出した。

雨が降らない午前中と、雨が降っている午後に撮った雫の写真。

韮の雫      梅もどきの雫

韮の雫はお淑やか?

梅もどきの方は雫の方が豊作かな?

外は快晴~過ごし易い一日となるだろう。。。

theme : 花の写真
genre : 写真

2008-09-21

”敬天愛人” 雨台風後の日の出や如何に???

送信したが、されていないので

改めてだが~~~しょぼん。。。

取り敢えず写真をアップする。

<日の出前>

日の出前 

<日の出>

日の出 

今日の日のでは、何時もと異なった現象が見られた。

太陽の上にドーナツ状の光輪が~~~

雨の後は雫が楽しみ。。。

<南天の雫>

南天の雫 

取り敢えず、今日はこれにて~~~

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-20

”敬天愛人” トランペットエンジェル2番花開花。

PCも、色んなソフトやアップデートも

漸く先程で完了。

トータルすると5~6時間は、掛かった事になった。

………

台風の雨は昨晩上がり、今日は雲一つ無い秋晴れ。

庭では2日前からトランペットエンジェルの

赤と黄色の2番花が咲き始めた。

エンジェル1 

エンジェル2 

黄色は全て下向きに咲く。

エンジェル3 

<お断り>

織機の変遷が中断したが、会社のPCに画像が有るため

来週からの再開となる。

又、FC2の閲覧は今日から通常に戻る。

theme : 花の写真
genre : 写真

2008-09-19

”敬天愛人”やっとPCが退院~でも、後が大変だ。

CD,DVDドライバーが読み取り不能で

入院していたPCが、3週間振りに退院。

昨年8月に続いてハードディスク交換。

故障するのは、やむを得ないが

一寸期間が長過ぎる。

帰って来ても、その後が大変だ。

昨日21:00に始めて1段落したのが23:00過ぎ。

と云う事で画像は全て会社のPCの中。

マイピクチャだけは保存させたので蔵出しとなる(ゴメン)

JALの鶴マークが数ヶ月経つが

貴重な?マークかな?

鶴マーク 

空には飛行機雲。

飛行機雲 

未だこれから、他のソフトを入れないといけない。

便利な道具もトラブルと、実に面倒な事だ。

theme : いろんな写真
genre : 写真

2008-09-18

”敬天愛人” 食器の変遷6と逢妻女川サイクリングコース散策。

織機の歴史もG型の出現に依り

高性能・高品質が可能になった。

この特許を英国のプラット社に譲渡し

得た金が自動車の開発に使われ

トヨタ自動車が誕生した話は

有名だ。。。

その縦糸切断自働装置の基となる

”ドロッパ”を紹介しよう。

鋼(はがね)で造られた小道具に糸を通して縦糸が切れると

このドロッパが落下し、織機を止める発明。

ドロッパ 

そして1984年には有杼式最後の織機が完成。

シャトル式最後の織機 

………

川沿いには多くの花が咲いている。

このコースでは散歩する人やサイクリングする人たちと

時々会って会釈する。

花とつがいの鴨

(画像をクリックすると拡大)

花11      花13

花13      鴨

最後は収穫が終わった田圃の風景。

田圃 

今回は足慣らしの為、往復10Km,3時間のサイクリング。

次回は、更に下流まで行きたいものだ。

………

10月からの新規事業のスケジュールと担当が決定。

ネーミングも商標登録完了し、スタートを待つ事になった。

 

theme : いろんな写真
genre : 写真

2008-09-17

”敬天愛人” 進化する織機の変遷5と逢妻女川サイクリングコース散策2。

どうも風邪を引いたらしく

咳や鼻水が出る。

そんな事より本題かな。。。

織機も新しい時代に入っていく。

今では当たり前の常識だが

鉄製織機が誕生する。

1906年(明治41年)の鉄製織機。

鉄製織機 

時代は下り1924年(大正13年)

画期的な織機ーその名はG型織機だ。

世界最高の性能を誇り各国に貢献した。

G型織機 

………

サイクリングは続き路傍には花が咲く。

(画像をクリックすると拡大)

        花7

花8       花9

風景や花を愛でながら更に下流へ向かう。

(続く)

theme : いろんな写真
genre : 写真

2008-09-16

”敬天愛人” 織機の変遷4と逢妻女川サイクリングコース散策。

織機も明治の後半には

飛躍的な進歩を遂げ始めた。

その織機は

1906年(明治38年)に

無停止杼換式が世に送り出された。

(シャトル交換が自動的に行なわれる織機)

1906年製 

その翌年の1907年には世界で始めて

縦糸自働切断装置が組み込まれた織機が発明された。

1907年製 

………

話題は変わる。

昨日は近くを流れる、逢妻女川のサイクリングコースを

下調べにゆっくりと散策した。

家を出たのが10:20。

どんな光景が現れるか楽しみだ~

先ずは、田圃の籾を啄む白鷺と会う。

白鷺  

川沿いには色んな花が咲いている。

花名は残念乍ら?

(画像をクリックすると拡大)

花1     花2

花3      花4

花5      花6 

吃驚!したのが【カワセミ】が居た事だ。

ドブ川と呼ばれた川が、7~8年前に下水道が整備された事で

命が甦ったのだ。それでカワセミが戻って来たのだろう。

カワセミ 

トリミング~トリミングで拡大したので画質悪化。

矢張り、ソニーのカメラの方が良かったかな。。。

飛んでいる写真は、ボケボケ~(涙)

次の機会に譲ろう???

(続く)

  

 

theme : いろんな写真
genre : 写真

2008-09-15

”敬天愛人” 織機の変遷3と豊田の夕焼け。

衣食住足りて礼節を知る

とは有名な言葉だが

その衣の歴史は

余り知らない………

それが、普通では無いだろうか?

その衣を織る織機も

明治から大正に掛けて

日本でも革命をもたらす。

その先駆者は豊田佐吉で有る。

彼が世に送り出した記念すべき織機。

<木製人力織機>

残念乍ら現存してはいないー復元機だがちゃんと機を織る。

木製人力織機 

やがて人力→動力(蒸気)を利用した時代へ入る。

<豊田式汽力織機>

汽力式織機 

これらの織機の発明によって生産性や

織機品質が飛躍的に向上した。

……………

何時もの夕焼け

9/13からは、場所を探して撮った。

9/13の夕焼け 

今迄とは500m位、離れているが

当分はこの付近からの夕焼け風景となる。

余り、変わり映えがしないけど???

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-14

”敬天愛人” 感動!真っ赤に染まる朝焼け&織機変遷2。

早朝~空は曇っていた。

どう~しようか?

迷ったが

恒例の朝日を撮りに行った。

それが思いがけない顛末になろうとは………

<何時もと変わらない、日の出前>

05:12 

2分後、空は真っ赤になって燃え出した!!!

05:25燃える空 

初めて目にする燃える空ー只々~感動するのみ。

05:27 

クライマックス

クライマックス 

15分程の豪華で情熱的な天空のショーは終演。

そして……何時もの日の出を迎えた。

然し、今日の日の出は何時もより素晴らしい気がする。

日の出 

生まれて初めて見た、【空が燃えるシーン】

何時までも極めて強烈な印象として

しっかりと、脳裏に刻まれたに違いない………

早起きは三文の得と云うが

筆舌に表現できない程、感動した時空だった。

☆☆☆☆☆

話は変わり織機の変遷へ移る。

明治時代に入ると、織機の進化が始まる。

(画像をクリックすると拡大)

織機3     織機4  

館内は平日の為客は少ないが

5~6人位でガイドのお嬢さんが付いて

説明と実演をしてくれた。

   

 

 

 

 

 

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-13

”敬天愛人” 豊田スタジアム&大橋の朝日と食器の変遷。

定点からばかりの写真では

余り面白くない?

昨日は

視点を変え

3Km程離れた

矢作川沿いの

豊田スタジアム

豊田大橋へ

朝日を撮りに行った。

<夜明け前>

夜明け前 

やがて、スタジアムと大橋の間に陽が昇る。

日の出1 

少し黄色がかった丸いお日様だ。

場所を変え同じ日の出だ。

アーチ部に日の丸を入れてみたが、どうだろうか?

朝日2 

場所を変えてみると日の出も

新鮮な目に映るーそんな気がした。

☆~☆~☆

話は変わるが、今年3回目の産業技術記念館訪問。

今回は新入社員研修の付き添い。

折角なので数回に亘るが、織機の進化の過程を紹介しよう。

昔は機(はた)を織ると云った。

説明文は、写真の中に挿入しているので参考願いたい。

(画像をクリックすると拡大)

地機               高機

地機     高機

補足すると、この産業技術記念館は

トヨタグループが、物づくりの大切さを後世に伝える為に

設立ー繊維館と自動車館で構成されている。

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-12

”敬天愛人” ミッドランドスクエア硝子外壁の風景。

大分前にアップした事が有るが

改めて、今日は名古屋駅前の

ミッドランドスクエア外壁に映し出される

風景をアップする。

地下1階通路から外壁を眺めると

以下の風景が転写される。

現在建築中の名古屋ビルヂングが

上にどんどん伸びて

ミッドランドスクエアと

合体しているように見える。

ビルが合体? 

場所を少し移動すると、数百メートル離れた

ルーセントビルも写っている。

ルーセントビル 

そしてメーンは、これに尽きるかな?

JRセントラルタワーズだろう。。。

JRセントラルタワーズ 

目前に在るが如く、ガラス壁に良く写る。

良く維持されている証左だろうか?

然しながら、立ち止まって見て行く人は少ないが

ここは隠れたスポットの一つだと思う。

theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

2008-09-11

”敬天愛人” 自転車の功名や如何に?&朝夕日。

自転車を買って5週間

雨以外は

毎日、約4Kmペダルを踏んでいる。

その効果だろうか

バンドが気持ち………

ゆる~ゆる~と成ってきた。

秋桜の花

秋桜12 

綺麗な黄花の秋桜かな~

………

9月7日の飛行機雲の夕焼け

9/7の夕日 

夕方には、西へ向かう飛行機が多数雲を引いている。

……

赤系秋桜

秋桜14 

朝夕は過ごし易くなってきたが

朝は冷やりとする。

そんな時の朝日は格別だ。。。

9/9日の出 

日の出の時刻も、大分遅くなった。

この日は05:48。

毎日2分程短くなると云うから、6時に成るのは直ぐだろう。

昔の人は、秋の夕陽は釣瓶落とし。。。

畳の目一枚短くなると言い表した………

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-10

”敬天愛人” 既に満開を迎えていた早咲きの曼珠沙華。

豊田市西部を流れる

2級河川、逢妻女川。

夕方、自転車での散策。

時間が早いので、少し下流まで行ってみた。

すると、早咲きの【曼珠沙華】が満開だった。

堤防の法面、50mが真っ赤になっている。

白いところは、既に満開を過ぎた花。

曼珠沙華 

個別には、これからの花も多い。

(画像をクリックすると拡大)

花1      花2

翌日、望遠で撮った黄色い花。

赤い中に、黄色の花も1輪ずつ咲いている。

花3 

花4      花5

綺麗に咲き競う花達をズームアップ。

花6 

ここには約60万株がボランティアの協力で植えられており

更に300万株まで増やす計画だと言う。

次回には上流部分の両岸に咲き乱れる!!!

その時には、又……紹介したい。

theme : 花の写真
genre : 写真

2008-09-09

”敬天愛人”晴天に映える 愛知牧場の黄花ナデシコ。

家を出て約15分、愛知牧場に着く。

前日に中日新聞に

花の写真が載っていたので

9時20分頃だが

結構、人が来ていた。

晴天、小高い丘を目指すと

汗が噴出す!!!

5000平方メートルの畑に、コスモスが咲き乱れている。

コスモス畑 

黄色のコスモスは、珍しいと紹介されていた。

色は約15種類を数えたが、6種類をアップする。

(画像をクリックすると拡大)

コスモス1     コスモス2 

コスモス3 

コスモス4 

コスモス5     コスモス6

広さは昨年よりも規模が小さい。。。

然し、花色と自然の香りを楽しんだ時間だった。

………

時間が無い~

これから朝日を撮りに行かないとーーー

 

theme : 花の写真
genre : 写真

2008-09-08

”敬天愛人” 豊田市の棒の手と朝・夕日。

豊田市の限られた地域では有るが

【棒の手】と呼ばれ、江戸時代から続いている

地元に根付いた武術が有る。

これは農民達が自己防衛のために

農作業に用いる鎌や矛を使い修練したもので

棒の手会館を設立し、その保存や紹介に努めている。

有名なのは、猿投棒の手会館等が在る。

<棒の手の演舞写真>

棒の手演舞 

<用いる鎌や矛> 

鎌や矛 

次は、恒例の朝日と夕焼け。

暖かい色に包まれた日の出。

日の出1 

そして光芒が東空に放たれる。

光芒輝く朝日 

地面には可愛い花が咲いている。

野の花 

そして夕焼け。今日は朝夕とも、優しく暖かい感じだったかな~

夕焼け 

09:10頃家を出て、黄花コスモスを見に行ったが

それは、明日アップする。

theme : いろんな写真
genre : 写真

2008-09-07

”敬天愛人” 豊田市郷土資料館と日の出。

病院の帰りに

近くに在る

郷土資料館へ

寄ってみた。

豊田市へ移り住んで44年。

初めて訪れた。

小さな施設だが、此処には目玉が有る。

社会や歴史の教科書には必ず?載っている

織田信長の像の複製画が展示されている。

見た人は三文の得かな?

<織田信長像の掛け軸複製>原本は1854年製。

織田信長像 

原本は重要文化財で、数キロ離れた長興寺所蔵。

本能寺の変で信長が討たれた翌年、京都の絵師に

描かせたもので、信長の人となりを表現した唯一の物らしい。

庭には今では珍しい道標が展示されている。

道標1      道標2

………

昨日の日の出

日の出      日の出と燕

最近は夜露が降りるようになり、歩くと足が濡れる。

その夜露を撮って見る。

夜露の調べと呼ぶ事にした。

夜露の調べ 

何気なしに見過ごしてしまう夜露も

写真にすると、中々風情が有るかぁ~~~

明日は資料館続編をアップする。

theme : いろんな写真
genre : 写真

2008-09-06

”敬天愛人” 満開の夏水仙と朝日。

朝日を撮って

帰って来ると

寄せ植えした

満開の夏水仙が

迎えて呉れる。

(画像をクリックすると拡大)

夏水仙 

恒例?の朝日だ。

日の出前            日の出

日の出前     日の出 

日の出ズームアップ

日の出ズームアップ 

日の出完了

日の出完了 

最近、天気予報が当てにならないかな?

そこで自衛策?として、朝は1回起きて

空………東空を見て

行動を開始するパターンとなる。

因みに今朝の予報は曇りだった。。。

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-05

”敬天愛人”豊田市の朝・夕日を撮り始めて1年……その成果や如何に?

何の因果か知らないが

豊田市の

朝日

夕日を

撮り始めて

早、1年を

迎えた。

う~ん………

これはと云う画像は無いが

1年の自然の変遷を辿れるのが

それなりの成果だろうか?

そして、最近は暇さえあれば

毎日撮りに行っている。。。

それは、価値の有無は別として…

<昨日の朝日>

日の出前1

日の出前 

日の出前

日の出前2 

日の出後

日の出後 

曇り空ー余りぱっとしないが~~~

でも、これだけの写真を撮るのに約1時間。

良く……続くと我ながら感心する???

☆~☆~☆

今年は夏水仙の開花が、2週間遅れた。

例年はお盆頃だが、漸く満開を迎えた。

夏水仙1 

一寸、ボカシと洒落てみる~~~

ボカシ夏水仙 

庭の花が少ない季節、心を癒してくれる貴重な花。。。

それが”夏水仙”ではないだろうか。

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-04

敬天愛人 豊田市の朝日と夕日。

早朝の空気は

澄んだ空の下では

格別な

味がする。

東空は

明るい。

何時もの場所へ

早速行く事にする。

<日の出>

青い空に光芒が筋を引く。

5:05 

そして~夜明け。

(画像をクリックすると拡大)

日の出2     日の出3

………

帰りの電車からは、夕日が見える。

然し~日没には間に合いそうに無い。

家を通過し、下の駐車場へ急ぐ。

<夕日4態>

夕日1      夕日2

夕日3       夕日4

今日の夕日は、綺麗だった。

☆☆☆かな?

まぁ~まぁ~~満足しながら帰る。

 

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-03

敬天愛人 つかの間の日の出と可憐な折鶴蘭の花。

空は

一面

黒い雲に

覆われている。

東空を

眺めると

僅かに

切れ目が

望まれた。

しようが無い~~~

行って見るか………

<切れ間からの日の出前>

日の出前 

<数分後、日の出だ>

日の出 

日の出が始まる前から、切れ間は段々狭まり

ついには、閉じてしまった。

………

花数が少ない時期、ささやかに折鶴蘭が咲いている。

折鶴蘭 

清楚で可憐……小さい花。

先端には、名前の由来になった折鶴が居る。

曇天

曇天と

不順な天候が続いた一日だった。

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-02

敬天愛人 蜻蛉で感じる秋の気配と朝夕の風情。

昨日21:30

突如ニュースが走る。

女心と秋の空ではないが

双六遊びをしている時じゃ~ないぜよ。。。

坂本竜馬が嘆くかな?

話は変わるが、蜻蛉が飛び交い

秋らしい光景となって来た。

蜻蛉 

清々しい早朝、散歩する人も多い。

そして朝日は何時ものように昇る。

<黄金色の朝焼け>

このような光景は初めて~

何か神々しい自然の営みに

改めて感動!!!

(画像をクリックすると拡大)

【日の出前】             【日の出】

日の出前      日の出

夕焼けはどうだろうか~~~

日の入り 

【日没後2態】

日没1      日没2

今日は少しは増しな画像だったかな???

………

収穫の季節。

田圃ではコンバインが唸り、稲の刈り取りが始まった。

1反(100アール)を15分で終わるとの話だった。

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

2008-09-01

敬天愛人:久し振りの朝焼け・夕焼けのセット版。

早朝に

胸一杯になるまで

飲み込む空気は

何と無く

美味しい気がする。

雨も上がり

東空は明るい。

【日の出前後の風景】

(画像をクリックすると拡大)

日の出前         日の出

日の出前         日の出

恵那山方面       日出後

恵那山        日出後

………

日中は真夏日を思わせる程、気温は上昇。

空の雲は、秋を感じさせる鱗雲が浮き出した。

夕焼けは8/25以来と成る。

夕焼け 

空気が澄んでいる性か、赤色が薄い。

色はこれ以上に変化せずに終わってしまう。

theme : 朝日・夕日の写真
genre : 写真

プロフィール

遊

Author:遊
ようこそ!
写真主体で、豊田市・近郊の風景や花等を撮影し
気侭な生活を楽しんでおります。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター