fc2ブログ
2008-01-24

”敬天愛人”トヨタテクノミュージアム産業技術記念館。終章。

自動車館には、普段お眼にかかれない自動車の構造を

見る事が出来て、このようにして造られているのかと再認識してしまう。

<クラウンのシャシー>

シャシー説明

クルマの強度を保つ為に、この様な骨組みで造られ

その上に車体を乗せた。

シャシー

現在は、このようなシャシーはタクシー用のコンフォートや

トラック以外には採用されなくなり、モノコックボディが一般的となっている。

初代カローラーのモノコックボディ

カローラーのボディ

その他、色んな物が展示されているが割愛。

自動車館を出て歩くと、中庭からは巨大な構造物が見える。

”塵突”と称される砦みたいな建物だ。

塵突

これは当時貴重な糸屑を、排気する際回収した設備で有る。

ここにも現代を超越した先進性が伺える。

外に出るとその他の遺構が残されている。

グループ館説明

トヨタグループ館

このグループ館の中に、グループの経営綱領が掲げられている。

豊田綱領

この綱領は、2001年に「トヨタウエイ」が策定されるまで使われた。

現在では、トヨタのグローバルスタンダード理念として

海外を含め共有が展開されていると聞く。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

遊

Author:遊
ようこそ!
写真主体で、豊田市・近郊の風景や花等を撮影し
気侭な生活を楽しんでおります。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター